金物部品の側面からインテリアデザインのサポートに挑戦しています。

ビドー BIDDOR

製品検索

素材の視点とは?

表面処理技術が今ほど発達していなかった古来より、家具や扉に使われてきた金具には
素材の美しさを活かした金属や天然木が多く使われています。
現在でも同じような素材の美を利用した金具は多いのですが
では私たちはどのような金具素材に「和」を感じるのでしょうか?

天然木材

多くの建築家の「和の表現」には「日本固有の自然尊重の考え方」から転じた、「天然木材の使用」が欠かせない要件の一つとなっています。天然の木目や色彩の美しさには、人工的な加工のない自然の力や精神性などの要素、表面処理技術がなかった頃の時代性を感じさせる要素などが含まれているとも言われています。

金属素材

古来より室内金具製作には、比較的錆びにくく変形加工しやすい真鍮(しんちゅう)や銅素材が多く用いられてきました。金具の製作法や精神性は伝統によって受け継がれていることから、転じて金属素材の美しさには、手作り時代の技巧イメージや根源的で無垢な印象、また年月や歴史を感じさせる要素などが含まれているとも言われています。

素材の時間イメージと和の関係

金具において金属素材や天然木の質感には「過去からの月日」や「無垢な精神性」などのイメージがあると言われています。BIDOOR(ビドー)では「和」の共通認識とそれらの要素にどのような関係があるのか注目し、素材の持つ自然さや質感を、そのまま手触りや見た目に活かした製品を取り揃えていきます。

PAGE TOP